デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

風俗嬢への差し入れって必要?

何度か通っていたり慣れてくると、お気に入りのデリヘル嬢が出来ると思います。そのデリヘル嬢のことが純粋に好きでプレゼントをしたいなと思ったり、さらに仲良くなりたくて・相手からも気に入ってもらいたくて、そのために何かプレゼントや差し入れをしようかなと思うこともあるかもしれません。でも実はデリヘル嬢たちは基本プレゼントを欲しいと思っていませんし、あげても迷惑になる可能性もあります。ましてや、何か下心があったり見返りを求めての事なら、なおさらお勧めはしません。

このページでは、デリヘル嬢にもしプレゼントをあげるならどうすればいいのか、何をあげたら迷惑になるのか解説していきます。

日持ちのしないものはNG

生ものなど、日持ちのしないものを贈るのはNGです。もらっても保存する場所がありませんし、火の通ってないものや足の早いものを貰うのは怖いのです。その場で食べるようにと用意したかもしれませんが、お腹や体調を崩すリスクのあるものは受け取りたくないので、持って行っても丁重にお断りされてしまうでしょう。

実際に持って行ったけど受け取ってもらえなかった例を出すと、ケーキ等の生菓子やお弁当など。特に、「女の子は皆甘いものが好き」と思い込んでいる男性もいるようですが、実際そんなことはないです。甘いものが苦手だったり、体型維持のために食事制限をしている可能性もあります。デリヘル嬢と話をする中で、甘いものが好きと教えてもらっていた場合も生菓子だけは控えましょう。

お弁当なども一緒に食べたかったり、単純に差し入れしたかったのかもしれませんが、もしかしたらデリヘル嬢は貴女と接客する前にご飯をすでに食べているかもしれませんし、保存する場所もなく、晩御飯に回すのも家に持ち帰るのも遅い時間になるかもしれませんからこちらも避けるのが無難です。また、食べ物になにかアレルギーがあるデリヘル嬢もいるかもしれませんから、もし何か食べ物を贈りたい場合は、事前に色々確認しておくといいでしょう。

お土産など、大勢で食べられるお菓子ならOK

日持ちのしそうなお菓子や小分け包装のされたものなら受け取ってもらえる可能性は高いです。日持ちがしますし、スタッフやキャストに配ったりできるので喜ばれることが多いです。出張や旅行に行ったあとにご当地のお土産など差し入れてみるといいかもしれません。

化粧品は贈らない

男性ものならともかく、女性の化粧品について知識のある男性は中々いないと思いますので、無理してそれらを贈る必要はありません。そもそも、見た目を気にする職業のデリヘル嬢たちは大抵お気に入りの化粧品のブランドがありますし、体質や肌に合う合わないもありますから、もし自分の好みや肌に合うものと外れたものを貰ってしまっても使えなくて困るだけです。

もし贈っても困らないものがあるとするならば、ハンドクリーム、リップクリームや保湿ケアなどでしょうか。デリヘル嬢は一日に何度もシャワーに入るので乾燥に悩まされがちです。なので保湿ケアクリームなどは贈って喜ばれる可能性が高いです。しかしこういった誰に贈っても無難なものというのは、ほかのお客さんも贈っているかもしれないということ。もらって困りはしないのですが、ストックがいっぱいあるような状況にさせてしまうかもしれないですね。

アクセサリーはやめておこう

アクセサリー類は化粧品と同じくらい好みが出ます。贈るには入念な調査が必要になるでしょう。贈ったアクセサリーを次に指名した時や写メ日記で着けてくれていると嬉しくなるものですが、よほど気に入った場合でない限りそれ以外で着けてくれることはないでしょう。また好みとは全く違うアクセサリーを贈ってしまった場合、これらはフリマアプリで売りに出されてしまう可能性が高いです。高価なものを贈ったとしてもデリヘル嬢の懐を暖める結果に終わったら悲しいので、アクセサリー類は贈らない方が身のためです。

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース